私たち夫婦の「SFC修行」のきっかけと、初めてのANAプレミアムクラス搭乗記。

 

「SFC修行中」の「修行僧」となる

現在、国内航空会社の「修行」(※1)の真っ最中の私たち夫婦。(修行自体は夫婦のどちらかが行った方が効率が良いとの理由から修行のフライトは一人でしていますが、時々夫婦での小旅行等を挟みつつ、日頃協力しあってスケジュール調整や予算を確保し、コツコツ実行しています。)

※1:「修行」とは、フライトによって得られるポイントを積算するのを目的とする為、空港から空港というフライトのみを数往復したりする事からの俗称。

「修行」をしている理由は、各航空会社のステイタス(ステータス)制度があるから。一年間に既定のポイント(JALの場合は「FOP」フライオンポイント、ANAの場合は「PP」プレミアムポイントという)に達すると付与されるステイタスによる優遇制度を活用したい場合、仕事や旅行で自然と貯まる人以外は「修行」を行うことになるのです。 

「修行」や旅を愉しむ「陸マイラー」を知る

そもそも、最初に「修行」に興味を持ったのは、妻でした。2018年頃だったと思いますが、当時「陸マイラー」と称するブロガーの方々を知り、「陸(地上)」の日常生活でマイルを貯めたりしつつ修行に取り組む姿と、掲載される写真や動画を拝見するのが楽しみになっていた妻。しかし、よく解らない点も多く、しばらく勉強が必要でした。

当時、飽きもせず陸マイラーの方々のブログやSNSを拝見しながら研究する私に、夫は不思議そうにしていました。今迄は仕事が忙しい事もあり、なかなか旅行にも行かれずじまいでしたが、今後は保養を兼ねて旅を楽しめるようにしたいのと、老後のことを考えても、JGCやSFC(※2)を取得しておくと良いかも、と話し合うようになりました。」

A Little Knowledge 妻談

※2:「JGC」とは、JALの会員の中のステイタスのひとつ。「SFC」とは、ANAの会員の中のステータスのひとつ。この「JGC」「SFC」を取得する為に「修行」を行う方が多い。

そのうちコロナ禍となり、「空いている間が修行しやすいチャンス!」とは思ったものの、実行には移せず・・・。コロナ禍では様々な事が重なり多忙で大変な時期でしたが、昨年末、ようやく来年には仕事の休みも取れそうな状況になってきたので、思い切って2023年度の搭乗予約をしました。でも、この時はまだ修行を決断する前の「旅行」です。

ホテルが選べてフライトもJAL!格安国内旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ) (PR)

「修行」をするなら、JALとANAどっち?

実は、久しぶりの旅行を予約する直前まで、「JALとANA、どっちにする?」と決めかねていた私たち。結局、貯まっていたマイル数等から、ANAに決めました。(※貯まっていたANAマイルを、「スカイコイン」に交換して航空券を購入するため。)その時の旅行時や実家への帰省時に、少々タイトなスケジュールとはなりましたが短時間で搭乗出来る離島への移動等もはさみつつ、PP積算を意識した旅行をしていました。

プレミアムクラスを体験

私達にとって久しぶりの飛行機、そして初めてのプレミアムクラスを体験。ちょっと贅沢なフライトでしたが、その分PPも多く積算されます。また、プレミアムクラスでは食事が提供されます。思えば、国内線での機内食は初めて。これも贅沢気分のひとつですね。今回のようにプレミムクラスを予約・購入の場合、搭乗前に空港内の「ANAラウンジ」が利用できました。(今回は、ちょっと立ち寄る見学程度でしたが。)

何より感動したのは、やはり上空からの眺め。これこそ贅沢な「非日常」体験でした。写真は、山脈に沿って立ち込める雲の様子ですが、まるで生き物のよう。自然界の生命力を感じるような景色に心洗われる想いがしました。こうした上空からの眺めは、元々飛行機好きになった大きな理由です。

国内旅行の格安予約なら【ビッグホリデー】(PR)

旅行を機に「SFC修行」することに決めました

さて、初めてのプレミアムクラス体験ですが、搭乗したのは古い機材ながらもエコノミーよりゆったりとした構造となっているので寛げるなと思いました。その為、高齢となってきている両親等と共に飛行機に搭乗する際は、こうした席をプレゼントしたいと思いました。

また、搭乗も優先され迅速・スムーズ。預けた荷物も真っ先に出てきます。こうした優先搭乗等のサービスがエコノミー搭乗時でもステータスランクによっては付帯されるとなると、修行する方々が増えた背景もうなずけました。

国際線は日程・費用・体力いずれもハードルが高かった事から、国内線にて修行を行う事は決めていました。(外資系エアラインの修行もちょっとだけ憧れていましたが、現実的ではなかった。)こうして実際に「修行目線」で搭乗してみたことで、国内線なら可能そうだね、と「SFC修行」への決意も出来たのです。

◎ A Lttle Knowledge  All Rights Reserved.