【 宿泊記 】「ダブルツリーbyヒルトン富山」に修行フライトの合間にステイ。

2023年「空マイラー」として修行の合間にステイ

2023年下半期は、日頃の「陸マイラー」から一変、「空マイラー」且つ「修行僧」となり飛行機に乗り空港を往復する日々でした。その合間に、「ダブルツリーbyヒルトン富山」に宿泊していたので、そのときの備忘録です。

今回の記事には、PR・紹介リンクが含まれますので、よろしければご活用ください。

ヒルトン系ホテルに宿泊する前に行ったこと

思い返せば、ヒルトン系ホテルに宿泊したのは随分昔の海外旅行時にツアーでの利用でした。そこで、以下のことを宿泊前に行いました。

➀まずはヒルトンHPにて会員登録。②ヒルトンHPにて直接予約。③ヒルトンのクレジットカード発行。④宿泊、の流れでした。※②と③は前後しても大丈夫です。

今回、事前に「ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カード 」を発行したのですが、一番の理由は、宿泊実績がなくても「ゴールドステータス」が付与されるため。「ゴールドステータス」になると複数の特典が受けられます。

出典:アメリカン・エキスプレス・カードHP

ヒルトンのクレジットカードは2種類ありますが、上記のスタンダードなカードであっても、プレミアムな「ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カード」であっても、「ゴールドステータス」付与なのは同じ。

しかし、年間利用額条件達成により「ダイヤモンドステータス」になれるのはプレミアムカードです。その他、特典がより豊富なのも勿論プレミアムカードです。

この通称「ヒルトンアメックス」に関しては、また改めて記事にできればと思います。

「ダブルツリーbyヒルトン富山」は2023年1月開業の新しいホテル

宿泊当日、夜間に富山に到着しホテルにチェックイン。富山は初めての訪問でしたが、本当に富山駅すぐ近くにあり、アクセスは良いです。ただし、車の場合は近隣施設の駐車場を利用することになりますので、少々歩きます。滞在先ではレンタカーで移動することが多いため、駐車場の場所も事前にチェックしています。

格安レンタカー予約 スカイチケットレンタカー(PR)

客層は比較的ビジネスマンかと思われる男性が多い印象でしたが、新しいこともありホテル内が綺麗なため、女性一人旅にも向いていそうです。

「ゴールドステータス」でお部屋のアップグレード

ヒルトンの場合、会員登録し、ゴールドステータス以上になると特典でお部屋のアップグレードが受けられるとのこと。「空室状況による」というただし書きはあるものの、ヒルトンでは事前にアップグレードのお知らせが来ることもあり安心感がありました。

予約したのは一番スタンダードな「ゲストルーム」。そこから「プレミアムルーム」へのアップグレードでした。(夜間撮影につき、画像暗めです。)

コンパクトにまとまった室内設備で、クローゼットも小スペースながらも短期なら必要十分。館内の大浴場へ持参可能な籠バッグも置かれていました。大浴場にはサウナもあるそう。

ちなみに、「ダブルツリーbyヒルトン富山」では、基本的にシャワーブースのみのバスタブのない仕様のため、バスタブありが良い場合は「デラックスルーム」を選択する必要があるようです。スタンダードな「ゲストルーム」からアップグレードして頂く場合も、「バスタブがあるお部屋」をリクエストするほうが良いと思われます。

お部屋の片隅に設置されているミニバー・スペースには、ドリンク類・ポット類・食器類があります。お水はセルフで給水機まで汲みに行くスタイル。

お部屋内部の違いについては、HP拝見した時点ではよく分からなかったのですが(いずれも26平米と広さは同じ)、どうやら「プレミアムルーム」にはコーヒーマシーンがある、ということのようです。あとは、より上層階になるのかもしれません。

ログイン不要のスムーズな予約フロー【NAVITIME Travel】 〈PR〉

ホテル館内にはフィットネスルームもある

「ダブルツリーbyヒルトン富山」には、ホテル内にフィットネスルームがありました。個人的には大浴場以上にあると嬉しい設備です。(フィットネスルームの上の写真は、エレベーターホールの写真です。こういうアートがあるだけでも雰囲気が違うなと感じました。)

「ゴールドステータス」以上は朝食2名分が無料に

富山名産の海鮮なども豊富と伺っていたのでレポートをと思っておりましたが、朝6時半オープンの会場はすでに混みあっており、自分も急いでいたので写真はこれだけ。しかも軽食ばかりですが(笑)、ビュッフェスタイルなので、ヨーグルトひとつでもフルコース並みでも好みに合わせて選択できます。

ヒルトンの会員になりゴールドステータス以上になると、特典で朝食2名分が無料になります。今回、「ヒルトン・オナーズ・アメリカン・エキスプレス・カード」を宿泊前に発行していたため、ゴールドステータス特典が受けられました。

この特典だけでも年に数回宿泊する予定がある方なら(カード年会費の)元が取れるなどと言われております。「ダブルツリーbyヒルトン富山」では、朝食はビュッフェスタイルで料金は1名3800 円とのこと。2名なら7600円なので、確かにお得感はありますね。

備考として

そういえば、ヒルトンのホテルではチェックイン時にホテルオリジナルのクッキーが人数分渡されました。また、今回は対応にちょっと残念な面もありましたが、基本的には新しい施設で気持ちよく過ごせるかと思われます。

ホテル内にはレストラン以外にも一階にテイクアウト可能な軽食の販売およびイートイン・スペースもありました。(閉店時間が夕方と早かったので注意が必要です。)また、こちらのホテルにはルームサービス(インルーム・ダイニング)もありましたので、食料調達の心配はなさそうです。

尚、さまざまなホテルを愉しみたい方は、国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』のようなホテル予約サイトを活用するのも良いのではないでしょうか。


◎ A Lttle Knowledge  All Rights Reserved.