「SFC修行」によるANAプレミアムメンバーサービス/ステイタス獲得へのステップ

「SFC修行」の目的であるステイタス獲得へのステップ

「陸マイラー」「ポイ活」を知り、2023年度内に「SFC修行」にチャレンジすることに決め、早速ステイタス獲得へのステップを確認することに。(以下、画像出典先はANAのサイトより)

※ANAでは「ステータス」ではなく「ステイタス」と表記しているので順って書いています。

プレミアムメンバーサービスを受けられる3つのステイタス条件

ANAにて「プレミアムメンバーサービス」が受けられるのは、「ブロンズサービスメンバー」「プラチナサービスメンバー」「ダイヤモンドサービスメンバー」の3つのステイタス会員。

その中で、「SFC(スーパーフライヤーズカード)」を発行・保有するには「プラチナ」「ダイヤモンド」のステイタス会員となる必要があります。そのための「SFC修行」を行う訳です。

「SFC修行」を行う2つのパターン

以下の図のように、日頃から飛行機利用が多い方にとってはシンプルで、搭乗時に積算されるPP(プレミアムポイント)が基準となります。フライトのみの「修行」を行う場合はこの基準を目標とします。

ANAは「ライフソリューションサービス」というシステムを導入しています。その利用件数とANAカード利用額により、搭乗によるPP数が若干少なくてもステイタスを獲得できるようになりました。

ライフソリューションサービスとANAカード決済額を併用する「修行」

飛行機の搭乗によって得られるPPのみの場合、「プラチナ」になるには50000PPが必要です。しかし、ライフソリューションサービス7件以上とANAカード決済額400万円以上を達成すると、30000PPで「プラチナ」ステイタスの条件を得られます。

仕事の休みが取りにくく休日も仕事だったりするため、飛行機に搭乗する「修行」の日数は少ない方が望ましく、この「併用修行」を選択しました。(我が家にとってはなかなか大変ではありますが、2023年度はクレジットカード決済はANAカードに集約することに。)

※注意点は、ANAカードの利用額が集計されるのは12月15日迄の分、という点。

肝心のPPに関しては、今年の春に旅行した際に(夫婦夫々ではありますが)10000PP少々積算されていたので、あと20000PPを目指せば良いと思うと、不可能ではないなと決意が固まりました。

航空券+宿泊券が一括で予約できる!【ビッグホリデー】(PR)

◎ A Lttle Knowledge  All Rights Reserved.